ほうれい線が気になる方へ~効果的な解消法をご提案します~

微笑む女性

10歳以上若返る方法とは

注射

まずは自分の顔を確認

口の周りにくっきりと刻まれたほうれい線は、顔を一気に老けさせてしまうだけではなく、表情すらも変えてしまうイヤな存在です。何とかしてこれを消したい、と考えるのは誰しも同じですが、中々セルフケアでは消すことは難しいでしょう。憎いほうれい線を消してくれる治療には、どのようなものがあるのでしょうか。ほうれい線を消す治療法は、大きく分けると、ヒアルロン酸など何かを注入するタイプ、レーザーを当てるタイプ、糸を通すタイプ、メスを使用するタイプに分かれます。その中でどのような治療法を選択するのかと言った場合、まずは自分の顔をよく見ることから始めましょう。骨格はどうなっているのか、肉の付き具合はどうか、たるみはどうか、そうした状況を判断したうえで、治療法を選びたいものです。例えば、ほうれい線と一口に言っても、頬の筋肉がたるみ、それが下がって来てシワを作っているケースや、逆に肉が落ち、それでシワが寄りやすくなっている場合など、様々なのです。頬肉がたるむことでほうれい線ができている場合には、注入系の治療を行うと、よけいにたるむ恐れがあります。その場合には糸などで引き上げた方が効果的でしょう。逆に肉が落ちたことでシワができた場合には、注入系は威力を発揮してくれるはずです。今はほうれい線治療もますます進化して、安心して治療に励むことができます。しかし、より高い効果を望むなら、自分の顔の状況を踏まえて医師とよく相談のうえで、方法を決めましょう。きっと、10歳若い自分に会えることでしょう。

より手軽に、しっかりと

今、ほうれい線治療には様々な方法があります。しかも、ヒアルロン酸の注入やレーザー照射など、手軽で失敗のリスクが少なく、効果が期待できるものがどんどん開発されています。仕事の合間に気軽に施術を受けられる、そんな時代が来ていると言えるでしょう。これからのほうれい線治療は、ますますこうした手軽で誰でも簡単に受けることができ、失敗のリスクは少ないが効果をしっかりとあげられるものが、主流になっていくのではないでしょうか。今、こうした手軽に受けられる治療には、その効果が持続せず、定期的に施術を受けなければならない、という問題点があります。この点についても今後改善され、その持続力が伸びていくのではないでしょうか。また、美容整形は隠れてコソコソ行く、という時代は、すでに終わりを告げています。定期的に施術を受けるということが、デメリットとして捉えられるのではなく、定期的にメンテナンスを受ける、ケアする、という方向で、人々に支持されていくのではないでしょうか。例えばヘアサロンへ通う感覚で、美容整形でほうれい線の施術を受ける、そんな時代がすぐそこに来ていると言えるでしょう。手をかけてやれば、顔はそれに応えてくれます。かかりつけの美容整形クリニックを持つ、それがほうれい線を消す、最も有効な手段ではないでしょうか。