ほうれい線が気になる方へ~効果的な解消法をご提案します~

女の人

10歳以上若返る方法とは

注射

ほうれい線治療には様々な方法がありますが、自分の骨格や肉の付き方など、状況をよく判断して、治療法を決める必要があります。また、最近は身体への負担の少ない方法が増えていますが、今後は持続力をつけたうえで、さらにこうした手軽な施術が増えていくでしょう。そして、気軽に美容整形を利用するようになるでしょう。

Read More...

加齢に負けない顔へ

美容整形

ほうれい線が目立つなら化粧品を今の自分に合っているものに変えましょう。リンパマッサージなども良いです。それでもダメなら治療しませんか。メスや糸を使う方法だけではなく、手軽に済んでしまうボトックス注射などがあります。

Read More...

線を消して若々しい顔に

花と女性

顔のたるみで老け顔に

若いころにはなかったのに年を重ねるにつれて鼻の両脇から口の端に向かって線が現れます。ひどくなると顎のほうにまで伸びてまるで腹話術の人形の口元みたいです。これは見た目年齢をグッと老けさせるほうれい線です。朝に塗ったファンデーションが夕方になるとその部分に溜まったりひび割れて見えたりします。それを隠すために更に厚塗りになってしまいます。ほうれい線が現れるのは顔の皮膚のたるみが原因です。主に頬の皮膚が下がり口との境い目を際立たせます。たるみが目立ってくるのは40代くらいからですがきっかけは加齢だけが原因ではありません。紫外線を浴びることで皮膚の真皮層がダメージを受けることも関係しています。皮膚の真皮層の中にはハリや弾力の元になるコラーゲンやエラスチンがあります。紫外線を浴びるとこれらを減少させてしまいます。すると皮膚はピンと張った状態から水分がなくなりだらりと垂れ下がるのです。顔の表情筋の衰えもたるみを生みます。笑うときに口角を持ち上げたり眉をひそめたりするときに使う筋肉です。これらは顔全体に張りめぐらされていて皮膚を支えています。ところが一定の表情の癖やあまり表情に変化がないことで筋力が衰えるのです。支えられなくなった皮膚はやがて下がって来ます。

医療による改善法もある

ほうれい線は時に20代の若い人にも現れることがあります。塩分の摂りすぎや不規則な生活が影響しています。そのような生活では代謝が悪くなり水分や老廃物を上手く排出出来ずに溜まってしまいます。すると顔や体にむくみが現れほうれい線を生むわけです。若くして出来るのはショックですがいくつか改善法を試してみましょう。ほうれい線を自分で治療するエクササイズがあります。舌を回す体操で口元の筋肉が鍛えられます。口を閉じて舌で歯茎の外側をなぞるようにグルグル回します。今度は舌を出して伸ばし上下左右に動かします。隙間時間に繰り返し行うのが効果的です。もっと早く効果を実感したい場合は美容皮膚科での治療があります。手軽で短時間で終わる治療はヒアルロン酸などの注射です。皮膚がふっくら持ち上がることで線が消えます。約半年から一年近く効果が持続します。もう一つメスを使わない治療としてレーザー治療があります。照射により皮膚が活性されコラーゲンを増やすことでハリや弾力を取り戻します。手術として皮膚を持ち上げるスレッドリフトやフェイスリフトなども行われています。それぞれ治療法によって費用や通院回数、持続する期間が異なります。よく調べて自分に見合ったところを選びましょう。

見た目年齢の改善

鏡を見る女性

ほうれい線は、肌のコラーゲンやエラスチンの減少や顔の筋肉の衰えなどが老化によって引き起こされます。治療するためには生活の改善のほか、クリニックでさまざまな治療をすることができます。

Read More...

若返り効果がある美容整形

注射

ヒアルロン酸注入やサーマクール治療をすれば、皮膚を切らないで若返り効果が得られます。ほうれい線をはじめとして顔のあちこちにできる皺に効果的です。プチ整形ですが施術をする医師の腕によって仕上がりが違ってくるので、クリニック選びはとても重要です。

Read More...